日本も見習うべき!アフリカの英語教育事情

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

グローバル社会の波は日本だけでなく、世界各国でも広がっています。その中でも素晴らしい英語教育を行っている、アフリカをご紹介します。
アフリカと聞くと、野生動物やサバンナといったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
しかし、実は日本も見習いたくなるような英語教育を行っているのです。

 

すべての教科を英語で教えるエチオピア

エチオピアの正式名称は、エチオピア連邦民主共和国です。
ソマリ人、オロモ人やアムハラ人といった約80の民族から成り立っている国でもあります。エチオピアの公用語は、アムハラ語となっていますが、多くの民族から成り立っている国なので方言を含めると100近くの言語があると言われています。そのためエチオピアでは、第2外国語として英語も教育に取り入れられています。
エチオピアのジンマにある公立のジレン・セカンダリースクールは、日本の高校のようなところです。ですが、日本のように立派な校舎ではなく、敷地内に約10棟の小屋があるだけ。教室というにはあまりにも簡素な作りになっています。
そのジレン・セカンダリースクールでは、日本の中学3年生にあたる生徒は、全ての教科の授業を英語で学んでいるというのです。日本ではなかなか考えられませんよね。

 

試験問題も英語のマラウイ

マラウイという国は、日本人にとってはあまり馴染みがないかもしれません。
マラウイは東アフリカにあり、タンザニア、ジンバブエ、ザンビア、モザンビークといった国々に囲まれている小さな国です。マラウイの面積は、北海道と九州を合わせたほどしかありません。
約40人の民族が存在するマラウイでは公用語は英語で、母国語にあたる言語はチェワ語とされています。それだけでなく、トゥンブカ語、ロームウェ語やヤオ語などといった現地語が使われています。

 

そのようなマラウイのムジンバにある公立ムジンバ セカンダリースクールは、日本でいう高校にあたります。学校の関係者の話によると、1クラスは90人ほどです。
この学校では、試験時間が科目によって異なります。英語の試験の場合は、1時間10分で英語による試験問題を解かなくてはいけません。この学校では、母国語テスト以外は英語で試験問題が作られているそうです。

 

アフリカは私たちが想像するよりもはるかに、教育カリキュラムがしっかりしていますね。
確かに、日本と異なり共通語として英語が必要とされている面もあるかもしれませんが、そのような面を考慮しても、日本のように英語の授業を母国語で行っている国は数えるほど敷かないのが現状です。日本の英語教育もこのような取り組みを見習いたいところですね。

 

お子さんの英語習得、英語学習を考えているのでしたら、このような海外の教育事情にも目を向けてみるのもいいですね。日本語ではなく英語で英語を教えてくれる、オンライン英会話もご検討してみてはいかがでしょうか?


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話