英語を話せないのは、努力が足りていない?

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

話せるようにならない今までの英語教育

学校の義務教育で散々英語の授業を受け手勉強もしたのに、全く英語を話すことができない・・・。
日本の英語の授業では、文法を学び、英単語を覚えて、英語の検定を受けて級も取ったのにも関わらず、英語を話すことができない・・・。
いざ、外国人に話しかけられたら緊張してしまって、なんて言えばいいのか分からず、話せなくなる。むしろ、カタコトの日本語を話してしまう。そんな苦い経験をしたことはありませんか?
また、英会話教室やオンライン英会話を始めても、なかなか上達できない。
英語の勉強をしようにも、時間がなくてしっかりと取り組むことができない、話せるようにならないという方も多いのではないでしょうか?大人が歩んできた英語教育を振り返って、何が問題だったのか確認していきましょう!
そこに、これから英語を学んでいく子供達の英語教育のヒントがあります。

 

英語を「話す」ということに特化した授業を受けていない!

まずは、英語が話せない理由のひとつとして、現在の大人の方々が受けた英語教育に原因があります。これは言ってしまえば、英語教育の分析方法と言えるのではないでしょうか?では、思い出してみて下さい。

  • 英語はこういう文法で成り立っている
  • 英語の文を日本語に訳すと、どういう意味か
  • 英単語の日本語の意味を覚える
  • 英単語を書けるようにする

今まで大人の私たちが受けてきた英語の授業というのは、このようなものではありませんでしたか?
これはいわば、英語を理解するために、英語を分解しているようなものです。オンライン英会話のように、「会話をする」という意識はどこにもありませんよね?

 

また、義務教育の英語の授業は、英語を習うのに、「受け身」の姿勢が身についてしまっているということです。英語の先生が教えてくれることを、生徒として学び、理解する。
自ら発言をする授業というのは、海外から比べると日本は活発ではありませんね。
つまりは、今まで日本で行われてきた英語の授業は「話す」ということに重点を置いていないのです。なので、たくさんの時間をかけて英語を学んだのにもかかわらず、話すことが出来ず、大人になってから英会話教室やオンライン英会話に、忙しい時間をぬってまで通うような状況になってしまっているのです。

 

日本語は母音、英語は子音が発音のカギ

また、日本語と英語の発音方法の大きな違いも、大人が英語を苦手とする要因の一つにもなっています。
日本語では、「き」は「KI」、「ろ」は「RO」、のように、ほとんどの言葉の最後に母音がきます。
ですが、一方の英語では、「s」や「th」などの子音が言葉の最後に来るものが多くあります。この英語の子音の発音が、日本人は苦手なのです。なぜならば、日本語にはほとんどないからです。
さらに、英語を話すときの日本人は自信のなさから、声が小さくなりがちですよね。これがまたさらにマイナスになります。
たとえ、発音があっていようが、間違っていようが、大切なことなのは、相手に声が伝わることです。「相手に伝える」という思いをしっかりと持ち、ハッキリと言葉にして言うように心がけましょう!

 

日本にいても生の英語を聞ける、オンライン英会話!

そこでオススメしたいのが、英語での「会話」に重点を置く、オンライン英会話です。オンライン英会話は、英語を話す、スピーキング能力を上げるという点においてとても有効です。
さらには、小さい頃から英語に親しんでおくことで、英語に興味を持つきっかけにもなります。また、マンツーマンの会話なら、大人数の中だと、なかなか話しだせないというお子さんでも、他の人に気を使うことなく、先生とのびのびと英語で話すことが出来ますね。
時代が移り変わるにつれ、英語の必要性、重要性は確実に上がってきています。
2020年の東京オリンピックが決定したことも追い風になっています。多くの大人が持つ、「英語が苦手」という意識をお子さんが将来持たないためにも、小さいうちから英語を口にすることのできる環境をオンライン英会話で作ってみては、いかがでしょうか?まずは無料体験レッスンで試してみましょう!


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話