フラッシュカード 英語学習 効果

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

フラッシュカードによる英語教育の効果とは?

近年、英語教育がどんどん強化されていく中、「フラッシュカード」を使った英語教育が注目されつつあるのをご存知ですか?
こちらのページでは、このフラッシュカードを使った英語教育のメリット・デメリットをご紹介します。

 

フラッシュカードとは?

そもそもフラッシュカードとは?という方のためにこちらでご説明いたします。
フラッシュカードとは、表側に英単語が書かれていて、裏にはその英単語の意味が日本語で書かれているものです。
先生は次々に生徒にカードを見せていき、生徒に発音させたり、意味を答えさせるなどといった方法でレッスンに活用します。
このフラッシュカードは、オンライン英会話のリップルキッズパークで行われているレッスンです。
日本では、リップルキッズパーク意外でも、様々な英会話教室などでも幼児の英語教育にこのフラッシュカードが多用されていますよね。
また、最近では中学校などでもこのフラッシュカードを導入する動きがあるほどです。

 

フラッシュカードの効果

では、フラッシュカードにはどんな効果があるのでしょうか。
フラッシュカードは、脳を刺激し、記憶力を上げるのにとても効果があるといわれています。
先生が生徒に高速で次々と英単語カードを見せていくことによって、生徒はカードの意味を認識する前に、和訳を発するようになります。
これは、英単語を目にした時にその意味や論理性を司る左脳が反応しないようにトレーニングします。
そして、代わりに物事を感覚的に捉えようとする右脳を優先的に働かせ、鍛えようという考えが元になったトレーニング方法です。

 

フラッシュカードは、すでに頭の中に刻み込まれた単語を復習する手段として利用するととても効果的なんです。
何度も反復練習をすることによって、その単語が完全に身に付き、考えなくても英単語が自然と出てくるようになる仕組みです。

 

単語習得前にはフラッシュカードを使う

フラッシュカードを高速で見せる英単語学習法は英単語が身についている場合にはとても有効ですが、英単語が頭に入っていない状態で行うと逆効果になります。

 

1つの英単語を完全に覚えるためには「英語のつづり」、「発音」、「意味」を脳にすり込むとても重要です。
この3つの情報を覚えることは、そう簡単なことではありません。
とても時間を要しますよね。そのため、覚えていない単語に対してフラッシュカードを使ってしまうと、脳はその情報を処理しきれなくなって結果的に頭に残らないんです。

 

この場合は、フラッシュカードをゆっくりと見せ、お子さんの脳が英単語の3つの情報を処理できるように時間を与えることが大切になります。
1つの英単語カードを数十秒間、生徒に見せ続けて、お子さんの頭の中で情報を処理させて、日本語訳を言ってもらいます。
それができるようになった段階で、英単語を発音させると、1つの英単語がしっかり脳に記憶されるのです。
これを繰り返していくうちにカードをめくるスピードを遅くしていって、子供たちの脳に英語の情報がしっかりと焼き付くのです。

 

フラッシュカードを多用しないことが重要!

フラッシュカードは、右脳を鍛えて記憶力を高めることにも効果があります。ですが、多用してしまうと生徒が飽きて効果が薄れてしまいます。

 

フラッシュカードは上手に扱えばとても楽しい学習方法ですので、頻繁に行わず、タイミングを考えて使う方が良いでしょう。
授業の最後の数十分をフラッシュカードタイムにしたり、テストの前の5分間をフラッシュカードを使って、楽しみながら学ぶことで、効率よく英単語を覚えることができるでしょう。

 

英語が好きな子供にするために

日本の英語教育は、今後さらに変化していくと思われますが、大切なのは子供がいかに英語を好きになるかです。

 

そのためにも、フラッシュカードのような楽しい学習方法を取り入れていく必要があるかもしれませんね。

オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話