小学校の英語必修化で何が変わる?

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

2011年から、公立の小学校で英語の授業が必修化になりました。
一言に「英語科、必修」といっても、今までとどのように何が変わるのでしょうか?

 

英語が必修化されるのは、日本にあるすべての公立小学校の小学5年生と6年生を対象に、1年間に35時間の英語の授業を必ず行わなければならないようになりました。
毎週1時間、英語の授業があるということになります。

 

今までの小学校では、「総合」という授業の中で英語を教えていましたが、総合の授業は、小学校の方針により内容が異なるため、小学校によって英語の授業時間数にばらつきがありました。
今回の「英語科必修化」により、小学校の英語授業時間数のばらつきをなくすということも狙いになります。

 

必修化になったと言っても、算数や国語などの科目とは異なり、成績がつくことはありません。
あくまでも、英語をコミュニケーション、レクリエーションとしてとらえ、英語を使って、様々な体験をしながら、英語で外国や自分の友達のことを学ぶ事を目標としています。

 

また、「英語ノート」という副読本が各公立小学校に配布され、すでに、この「英語ノート」を中心に授業をしている小学校が多いとのことです。
この「英語ノート」に関しては、こんな内容では英語学習する意味がない!という意見や、これは使いやすい!という意見まで、教師たちの間でも賛否両論のようです。
「英語ノート」は、各学校の判断により使用しなくても良いとされているので、使っていない小学校もあります。

 

そして、小学校の教員や保護者の方でなくても、アマゾンで「英語ノート」を購入することができます。
小学校英語の内容を把握することができますし、読んでみるのも面白いかもしれませんね。


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話