5歳までの幼児教育によって、人生は変わる!?

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

幼児教育の重要性が叫ばれるようになった近年、巷にはさまざまな幼児教育のための教材があふれています。

 

その幼児教育の重要性を裏付けるかのように、経済学者のジェームズ・ベックマン氏はとある論文を発表しました。
どのような論文かというと、彼は40年間幼児教育を受けた人々がどのような職業に就き、どのくらいの収入を得ているかを調査しました。
すると、3〜4歳のころに幼児教育を受けた人は、幼児教育を受けなかった人よりも、経済的に成功をする確率が高いことを示しました。
この結果からも幼児教育がいかに重要かがわかりますよね?では、どのような幼児教育がお勧めなのでしょうか?

 

HQが高いと社会で成功する!?

教育という言葉を聞くと、IQを小見浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし社会で成功をする人は、HQが高いという意見がります。
HQが高いという人は、低い人よりも年収や会社での役職が高いという調査結果があります。さらには、恋愛や結婚に関しても、良い状態を築くことができる確率が高くなるという調査結果もあります。
そしてここで注目してほしいのは、「勉強ができる=HQが高い」と必ずしも言えないということです。このHQというのは、人間性知能とも言われていて、探究心、主体性や協調性などの総称のことです。
そしてこのHQを高めるには、5歳までに脳に知的な刺激を与えることが重要で効果的だという意見があります。

 

幼児教育に取り入れると良い習慣とは?

HQを高めるトレーニングをおこなうことによって、社会で生きていくために必要な協調性や、一般知識、さらにはIQまでもが高くなるといわれています。
テレビなどに出演している、澤口俊之先生の著書を一部紹介すると…

  • 伝統的な日本食に代表される栄養バランスの良い食事
  • 新しいチャレンジをし適度なストレスを求める
  • 社会と積極的に関わりをもつ
  • 早寝早起きをする
  • 毎日、有酸素運動をする
  • 知識、経験を増やす

ということがあげられています。幼児教育の一環として、日常にこれらのことを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

子供の将来のためには、子供英会話は欠かせない?

5歳までに上がる子供の能力はHQだけでなく、言語能力についても5歳までの教育が大切になります。
アメリカの脳科学者のドーマン博士によると、言語能力は5歳ころにピークを迎えるといいます。
そのため、5歳までに言語の訓練として、「聞く」、「話す」、「読む」ことをはじめるのが良いとされています。

 

そこで、グローバル化していく世の中で幼児教育としてお勧めしたいのが、子供向けオンライン英会話です。
親の私たちの世代よりも英語が必要になるのは確実です。発音がきれいではないからと、親が子供に英語を話したり、教えたりすることをためらう方もいらっしゃるかもしれませんが、親が日常的に英語を使う姿勢が重要なのではないでしょうか。
ぜひ、さまざまな能力を発揮することのできる大切な幼児期にお子さんの能力をさらに伸ばすためにも、子供向けオンライン英会話をはじめて見てはいかがでしょうか?


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話