英語保育のプリスクールって保育園?幼稚園?

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

年々、「英語ができる子どもに育てたい!」という親のニーズは高まっています。
そんな親のニーズに合わせて人気が集まっているのが、メディアでも話題になっている「プリスクール」です。
プリスクールは英語教育を目玉とした就学前の子供向けのスクールですが、制度上はどのような位置づけになのでしょうか?

 

プリスクールとは…

日本で「プリスクール」と呼ばれている保育施設は、幼稚園や保育園と同じイメージで問題ありません。
厳密にいうと欧米では、ナーサリースクール、プリスクール、キンダーガーテンと細かく分かれています。ですが、日本では英語保育をしている施設は総称で「プリスクール」と呼ばれているのです。
プリスクールを選ぶ理由として、「親は英語を話せないので、子供のうちから英語に親しませておけばいずれバイリンガルになる」という期待感もなきにしもあらずだと思います。
親自身が何年もの間、英語を学習してきたにもかかわらず、話せるようにならなかったという英語コンプレックスも多少影響しているかもしれません。

 

日本の幼稚園と保育園の違い

プリスクール、幼稚園、保育園どれも違いがあります。まずは、幼稚園と保育園の違いをご説明いたします。

 

幼稚園と保育園は、ともに就学前に子供を対象とした施設ですが、役割が異なります。

 

  • 幼稚園
  • 文部省管轄の教育施設
    満3歳以上の児童が対象(なかには2歳児クラスを設けている園もあります)
    原則として、1日4時間の保育時間(預かり保育・延長保育を行う園もあります)

     

  • 保育園
  • 厚生労働省管轄の福祉施設
    0歳〜1歳から
    多くの認可園では最大11時間の開所時間

 

そして、最大の違いは、保育園は保護者の仕事や学業、病気などによって保育に欠ける理由がなければ入園できない(認可保育園の場合)こと。
なので、「保育園=働く母親の子供」、「幼稚園=専業主婦の子供」というのがわかりやすい一般的なイメージです。

 

では、英語保育に特化した「プリスクール」は、幼稚園・保育園のどちらになるのでしょうか?

 

プリスクールの保育時間は幼稚園並み?

プリスクールの保育時間は、午前中だけであったり、又はランチを食べて1〜2時くらいまでというところが多くなっています。
時間だけ見ると、まさに幼稚園の時間割に近いですので、働くママにとっては大変ですね。
なかには、「延長保育」を設けているプリスクールもありますが、これも幼稚園の預かり保育のようなものです。保育時間から見ると、「プリスクール=幼稚園」ですね。

 

保育料はお受験幼稚園並み?

気になるプリスクールの保育料は、年額100万円を超えるケースが多くなっています。関東地区の有名なプリスクールは月に8〜16万円ほど。
一般的な幼稚園は平均で月に2〜3万円程度ですから、かなり高額なのがわかります。
お受験などで有名な私立幼稚園の保育料とさほど変わりません。この点から考えると、プリスクールの保育料は有名私立幼稚園並みといえます。

 

母親は教育熱心な専業主婦が多い

では、プリスクールに子どもを通わせている母親はどんな人が多いのでしょうか。
プリスクールに通わせている母親の多くは、教育熱心な専業主婦が多いといえます。延長保育を利用すれば母親も働くことは出来ますが、こうした例はあまり多くないのが現状です。
なかには、母親が保育時間もずっとスクールにいるようなところもあるようです。こうしたスクールでは、母親が仕事を持ちながら子供を通わせるのは難しいのかもしれません。

 

プリスクールの多くは、認可外保育園

今までの説明を見ると、「プリスクール=幼稚園」というイメージが強いと思いますが、日本のプリスクールは制度上、日本の幼稚園・保育園ではありません。
ほとんどのプリスクールが「認可外保育園」になります。
インターナショナルスクールが日本の小学校の制度と異なるのと同様に。プリスクールも日本の幼稚園・保育園のスタイルをとっていないと考えられます。
ただ、プリスクールによっては、単なる英語塾の延長に過ぎない施設もあります。
なので、注意してほしい点として、プリスクールを選ぶ際は、認可外保育施設として、市町村にきちんと届け出がなされているところを選びましょう。届け出がなされてないところは問題外です。
幼児期の貴重な時間を過ごすだけでなく、大切なお子さんを預けるのですから、「英語教育」だけでなく、きちんとした保育施設を選びたいものです。

 

普通の私立幼稚園が「プリスクール」に変身する場合も

また、最近では日本の認可幼稚園でも英語保育に切り替えるというところもあります。この場合は、「英語保育に特化した認可されている私立幼稚園」ということになります。
ですが、公立の幼稚園ではこのような例はまだありません。

 

 

英語教育が多様化していく現代。
英語保育に特化したプリスクールという選択肢もいいかもしれませんね!


 


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話