お腹の赤ちゃんへの英語教育

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

胎児への英語教育

近年、妊娠中から英語教育をするお母さんが増えているそうです。
いわゆる、「胎教」と呼ばれるものですが、驚くことに1週間の胎教は生後の10年間に匹敵するといわれているくらい胎教は効果的で大切なものなのです。
最近では、胎教に英語を取り入れる英語での胎教が注目されています。幼児から英語教育に力を入れるのではなく、胎児のうちから英語教育に力を入れる時代になりました。
胎児の英語教育といっても、胎児に英語を教えるわけではありません。お母さんがお腹にいる赤ちゃんに対して、話しかける言語として英語を使用するのが胎児への英語教育になります。

 

お腹の中の赤ちゃんの耳

実際にお腹の中の赤ちゃんに、お母さんの声は聞こえているのでしょうか?
実は、20週目くらいには、耳の原型が出来上がり、6か月くらいで聴力がつき、お母さんと同じようにいろんな音を聞くことができるようになります。
視力が1歳半くらいでやっと完成することを考えると、聴力が完成するのはとても早いといえます。
しかし、赤ちゃんはお母さんの子宮の中の羊水に守られています。なので、お母さんとまったく同じように聞き取れるわけではありませが、女性の高い声や微妙なイントネーションは聞き取ることができるのです。
これは世界共通として言われています。

 

妊娠中から始める英語教育

赤ちゃんはお腹の中でさまざまな音を聴いています。
また、お母さん自身が、見たり書いたり、考えたりして、脳細胞をどんどん刺激することで、赤ちゃんの脳細胞も活性化していきます。
なので、お母さんが話しかけたり、CDを聞いたりすることは赤ちゃんにとって、とても素晴らしいことなのです。

 

では改めて、胎教とは何でしょうか。一言に胎教と言っても、どんなものがあるでしょうか。
まず、代表的なものとして「音楽を聴く」という胎教があります。
実際に赤ちゃんは生まれてからお腹にいたころにお母さんが好んでよく聴いていた曲を聞くと赤ちゃんが落ち着いたり、その曲が好きになるといわれています。
なので、胎教のためだけでなく、「生まれてからこんな曲を好きになっえくれたらいいな」という感覚で英語の曲を選ぶのをオススメします。

 

また、お腹の赤ちゃんはお母さんの状態にとても敏感です。
お母さんが興奮すればそれが伝わり、リラックスしていれば赤ちゃんもお腹の中でリラックスできます。なので、できるだけお母さんがリラックスして聴ける英語の曲がお勧めです。
ぜひ心地よいと思える英語の曲を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。
もしかするとそれが、生まれてくる赤ちゃんの大好きな曲になるかもしれません。

 

そして音楽を聴くだけでなく、おなかの赤ちゃんに英語で話しかけてみてください。
英語の絵本を読んであげるのもいいですね。英語のCD付の絵本だったら、英語の発音の確認ができるだけでなく、お母さん自身も英語の勉強になりますね。
また、お母さん自身がオンライン英会話をはじめるのもオススメです。
子供に英語を話せるようになってもらいたいのなら、お母さん自身も英語が好きであったり、英語が少しできる方がメリットがあります。

 

このように、お腹の中にいるときから英語教育をしていれば、将来世界に羽ばたく人になるのも夢ではありません。
ぜひ、妊娠中から、お母さん自身のためにも英語教育を始めてみてはいかがでしょうか。


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話