日本語と英語の音の差が分かる「英語耳」になるには

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

我が子を「英語耳」にしたいとい思う親御さんも多いのではないでしょうか?その思いから、幼児期のうちから英語教育に力を入れる。その一方で英語耳にするためには、「5歳の壁がある」という意見も耳にします。
言われているように英語耳にするためには、年齢の問題になってしまうのでしょうか?

 

日本人が英語を聞き取りにくい理由

日本語は声の音、英語は息の音と言われるように、日本語と英語の音は全く異なります。
日本語は母音で終わる言葉ですが、英語は子音で終わる言葉が多いということも大きな違いの一つです。
子音で終わる言葉は、無声音なため、息を吐き出したような音になります。
この音が日本人には馴染みがないことで、英語は聞き取りづらくなってしまうのです
そのために、日本人からすると母音が30以上あるように感じられてしまうのです。また、子音で終わる単語の次に母音が始まる単語がくると、音がつながって別の言葉のように聞こえます。
ネイティブの子供も最初は理解するのに苦労をすると言います。「読む」、「書く」、「話す」、「聞く」ときに、彼らは英語の音と文字のつながりを意識することで、英語の音を習得していくんだそうです。
さらには、無声音という特徴によって、日本人にとって英語は平坦な音に聞こえてしまう傾向にあります。
耳に引っかかる音がないため、聞き取りにくいケースが多いようです。

 

英語耳になるには「5歳の壁」がある!?

2歳〜5歳までは言語の区別なく、音を聞き取る力があり、その音をまねる強い力も持っていると言われています。
そのため、5歳までに英語をはじめることによって、英語の発音や聞き取りに差が出てくると考えることができます。
また、英語からみると、日本語は音が少ない言語です。小さいころに音の少ない日本語のみを聞いて育つと、英語の母音や音の違いを聞き取ることが難しいという報告もあります。
もし、子供に日常会話以上の英語をできるようにさせたいのならば、5歳までを目安にネイティブの英語を聞かせて真似をさせるといった機会を多く持つことが良いでしょう。

 

5歳を過ぎたら英語耳は不可能なの?

ネイティブの英語に5歳までに触れさせないと、「一生英語耳になれない」というわけではありません。
英語に触れる時間と方法を工夫することによって、英語の音を聞き取ることがでるようになります。

 

例えば、一日中、英語圏にいるようなプリスクールやインターナショナルスクールなどに通うことで5歳以降でも英語耳になることは可能です。
もし、このようなが難しいようでしたら、家庭で英語学習工夫をするようにしましょう。もうすでにインターナショナルスクールなどに通っている場合は、毎日6時間は英語浸けの日々となります。少しでもそのような状態に近づけるためには、家庭での会話も英語にすることが望ましいです。
家族でのコミュニケーションを英語にし、空いた時間を利用して、ネイティブの英語に触れる子よのできるオンライン英会話など効率的に利活用しましょう。そうすることによって、日本にいながら、ネイティブスピーカーの発音に近づくことができるでしょう。

 

さまざまな工夫をして、英語に触れる時間を増やし、お子さんを英語耳へと近づけましょう。


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話