子供 英語教育 何から

今までの英語教育とこれからの英語教育

今までの英語教育は、義務教育では中学校からのスタートでした。
なので、現在の中学生、あるいはそれ以前の子供たちにとっては、英語はそれほど身近なものではありませんでした。
ですが現在は、グローバル化への社会的な動きが見直され、英語・英会話の重要性が再認識され始めてきました。
最近では、小学生から英語教育が義務となり、今では幼稚園や保育園でも英語、英会話レッスンがあったりと、幼いうちからの英語教育に積極的な時代にとなってきました。
受験英語だけできたらいい!と思う方も大勢いらっしゃると思いますが、その時代はもう終わろうとしています。
現在のの子供たちが、将来、社会に出て第一線で活躍するころには、「英語が話せて当たり前」、「英語できて当たり前」の時代になっているかもしれません。
文法を正しく、きれいな英語の文章を書くこと話すことはもちろん大切ですが、その前に英語を相手に伝えることができるということは何よりも重要なことなのです。
今後、机の上、紙の上だけの英語学習の時代は終わっていくことでしょう。これからは会話で英語を学ぶ時代なのです。

 

英語教育は何から始めたらいいの?

ですが、英語教育は何から始めるのが良いのでしょうか。
もっとも最適な効果的な英語教育、英語学習を子どもに受けさせるためには、何から始めればいいのか・・・・。
それはやはり、「聞くこと」です!
まずは耳から英語に慣れることが需要です。耳を鍛えることによって、日本ごとは異なる発音を身に付けることもできます。
まずは聞くことが最も重要なのです。
言葉が話せない赤ちゃんもきくことから始めますよね?要はそれと同じです。
最初のうちは英語の歌や英語のCDを聞かせて、まずは英語に慣れさせることから始めてみましょう!

 

そして、次に重要になるのが「アウトプット」です。自分の耳で聞いた、英語をそのまま真似て口から発することによって、生きた英語が身に付きます。
特に幼児期は真似っこが得意ですし、覚えるのもとても早い時期です。英語の歌やCDをたくさん聞かせたのならば、次は口から英語を発する練習をさせましょう。

 

コミュニケーションできる雰囲気や会話能力を養うことも重要ですが、それは正確な発音や自然な会話の英語、コミュンケーションをとれたときにお子さんが「自分の英語が通じた!話ができる!話がわかる!」と自信がついてどんどんと養うことができます。
現在は、小学校で英語の授業をする動きになったのですから、柔軟な感受性、素晴らしい好奇心をもった幼いころに、しっかりとした英語教育をおこなうことが大切なのです。


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話