フィリピンの英語事情

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

フィリピンの人々はなぜ英語を話せるの?

子供向けのオンライン英会話の講師で多い、フィリピン人の先生。
なぜ、フィリピンの方は英語ができるのでしょうか。こちらでご説明をいたします。

 

フィリピンの公用語は英語でないにも関わらず、子供から大人まで流暢な英語を使いこなします。
また、日常生活においても英語の必要性を強く認識しているため、高い英会話力を持っています。
ではなぜ、フィリピンでは子供の頃から難なく英会話を使うことができるのでしょうか?
フィリピンの子供を取り巻く英語環境を知ることで、日本との違いが明らかになるはずです。

 

言語習得が生活の一環のフィリピンの英語事情

フィリピンは7000以上の島々から成り立ち、120以上の言語が使われていると言われています。
拓さんの島からなるフィリピンでは、出身地の現地語(セブ島出身ならセブアノ語)と英語、タガログ語の3つが公用語となっています。

 

一方、学校や新聞、テレビや広告、レストランのメニューや街の看板、ビジネスの場面などでの契約書は、基本的に英語を使用します。
フィリピンの人々にとって英語は欠かせない言語であり、数多くある民族と文化を繋ぐものでもあるのです。

 

約50年間アメリカの植民地だったフィリピン。
フィリピンの教育制度でアメリカの影響が強く残っていることを感じることができます。
というのも、授業のほとんどが英語によって行われるので、子供の頃から自然と英会話力が鍛えられるのです。

 

このような特徴のあるフィリピンでは、多言語を習得することが当たり前となっています。
自然と英語が日常生活のなかに組み込まれているため、意識ぜずに自然と英語力が磨かれると考えられます。

 

こういった英語環境が、小さい頃から英語を不自由なく使いこなすことが出来る要因のひとつと言えるでしょう。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックも決まり、日本の英語教育も大きな転換期を迎えています。

 

フィリピンのような英語環境が整うまでは、まだまだ時間がかかりそうですが、フィリピンの英語環境を参考にして、お子さんの英語環境を整えてみてはいかがでしょうか。


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話